JFC International Inc.

食品物流基地

  • 発注者 :JFC International, Inc.
  • 竣工 : May, 2008
  • 業務内容 : 施工、施設・設備管理
  • 床面積 : 200,000 SF
  • 所在地 : 7101 E. Slauson Avenue, Los Angeles, CA 90040

内容

海外における日系大手の食品物流基地で、サンフランシスコからの
本社 オフィスの 移設手配、用地選定からはじまり、WMS ( 倉庫管理
システム )、WCS ( 倉庫コントロールシステム ) 設備導入、また3温度帯に渡る冷凍冷蔵システムを含む、その他関連設備の導入に関する工程管理者としての調整をするため、プロジェクトプランニング、およびバリューエンジニアリングをサポート、総体のプロジェクトコンストラクションマネージメントを担当しました。

日本領事、南カリフォルニアの要人を招いてのグランドオープニングの際には、プロジェクトをご紹介するパンフレット、DVD等の広報用ツールも、当社グラフィックデザイン部門で企画から担当し作成しました。

さらに竣工引渡し以降は、施設・設備総体のメインテナンス業務をまとめて引き受けています。

チャレンジ

適時、適切なコミュニケーションの実施、維持
本プロジェクトにおいては、大きく発注者、設計・エンジニアリング
施工、コンストラクションマネージメント、WMS・WCSシステム導入
3温度帯冷凍冷蔵システム導入の実行責任担当が独立、分業化されていました。
それぞれの部門にそれぞれの業務に特化された指揮者が存在し、かつ各業務の進捗が常に一致し、一糸乱れぬ統括の元に進行し、その進捗をリアルタイムにお客様にレポートすることを求められました。

当社は、本プロジェクトのコンストラクションマネジャー業務を担当させて頂き、プロジェクトの開始から竣工引渡しまでの工程を一貫したプロジェクト/コンストラクションマネージメントサービスにて、お手伝いさせて頂きました。
コスト、スケジュールを徹底管理しプロジェクト全体を通して発注者のニーズを作業に反映し、物流基地としてのオペレーション開始日を守りました。


イメージ写真の使用について

同プロジェクトは、弊社の機密保持コンプライアンス規約の下、室内設備及び人物につきまして、一部イメージ写真を使用しております。